香典袋 書き方 会社名

香典袋の書き方のマナー【会社名の場合】

スポンサーリンク

取引先の関係者が亡くなられた場合
一般的には、通夜や葬儀に出席される方が会社の代表となりますが、香典袋の表書きには、出席される方の名前を記入するのではなく、会社の代表者の名前、社長もしくは会長の名前を記入することになります。

 

書き方としては、表書きの右側に会社名。
この場合、株式会社を鰍ニ略したりせず、正式名称を記入するのが普通です。

 

そして、会社名に並べて代表者の役職名。
社長の場合は代表取締役社長となることが多いでしょう。

 

役職名と並べて、代表者の名前を記入といったように、通常は、会社名、役職名、代表社名の3列での記名となります。

スポンサーリンク

亡くなられた相手が自分の勤務している会社の上司や部下、同僚であった場合。
個人で香典を送るときに香典袋には、会社名の記入はしませんが、部署間での連名での香典の場合は連名の右側に会社名ではなく、営業部、経理部といった部署名を記入するのが普通です。

 

亡くなられた方であれば、連名の名前を見たら、どの部署の人間かわかるでしょうが、遺族の方の多くは、故人の会社の組織のことはわからない方がほとんどです。

 

連名だけの記入では、その連名がどういった関係なのかわかりづらく、香典返しの際にも、悩んでしまうことがあるので、連名の間柄は記入しておくのがいいでしょう。

 

また、会社の代表として、通夜及び告別式に出席する場合
記帳の際には、出席した本人の名前を記入するのではなく、香典袋の表書きと同様に会社の代表者の名前を記入するのが一般的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

「五千円」の場合の香典金額の書き方のマナー☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典金額の漢字の書き方の意外なマナーとは!?
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の金額の書き方【中袋なしの場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の住所の書き方【中袋なしの場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
「一万円」の場合の香典金額の書き方のマナー☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典金額の書き方のマナー【偶数の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典袋の書き方【連名で夫婦の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
通夜の御香典の金額の書き方の意外な正体とは!?
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の書き方。中袋の金額は横書き?
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
お通夜の香典の書き方!薄墨のマナー
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の書き方の見本☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の書き方【中袋】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の書き方【会社一同の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御霊前の金額は五千円でいい?金額や書き方のルール・見本など
香典袋の金額・御香典金額の書き方のマナー
香典に偶数のお金を包んではいけない?
香典袋の金額・御香典金額の書き方のマナー