お葬式 服装 夏・夏場

夏・夏場のお葬式での服装

スポンサーリンク

 お葬式ではその場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着用します。
男性ならばブラックスーツ、女性ならば黒のアンサンブルやワンピース、スーツです。
ただし、女性の場合は肌をあまり見せないものとして、夏場でも五分袖までであるものが望ましいです。
そして、ストッキングと靴には黒色のものを身につける必要があります。
 夏・夏場であっても、上着なしであったりブラウスで参加するのはマナー違反となります。
ただし、男性では背抜きの上着、女性では裏地のないジャケットなど、通気性のよいものを着用することはできます。
そして、上着のない礼服ワンピースでの参加もOKです。
しかし、肩の出るデザインはマナー違反となるので注意してください。

スポンサーリンク

 男性の場合、夏場でも白シャツでお葬式に参加するのはマナー違反とされています。
途中で上着を脱ぐという程度ならば問題ないですが、会場に入るときには上着を着ることが必須となります。
上着なしで参加した場合、ほとんどのときに注意されます。
「斎場の礼服を借りてきなさい。
」等々のことを話を持ちかけられることもあります。
そして、斎場においても基本的には冷房がきいていますので、暑くて耐えられない、ということはほとんどありません。
なので、少し暑いかもしれませんがマナーとして上着を着用して参加しましょう。
 また、夏・夏場のお葬式で裏方のお手伝いをされる場合は、半袖のブラウスなどでもよいでしょう。
ただし、その場合にもいろは白・黒など、地味なものを選んでください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

暑い夏でも女性のお葬式の服装にはストッキングが必要
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
お葬式 子供 服装 夏
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。