お葬式 服装 女性 夏 ストッキング

暑い夏でも女性のお葬式の服装にはストッキングが必要

スポンサーリンク

 お葬式は、前々から予定されているものではなく、ある日突然参列するものです。
社会人ともなれば、いつそういう場面に遭遇するかも分からないので、万が一の時のために、哀悼の意を表する黒色の礼服やスーツを一着は用意しているものです。
お葬式は何度も何度も経験するものではないので、黒色の喪服を着て行くぐらいは知っていても、詳しい正式なマナーは分からないという人が多いのではないでしょうか。
滅多にないことだからこそ、最低限の正しいマナーは知っておく必要があります。
そうでなければ、親類関係はもちろん、初対面の知らない人にまで、常識のない人として、眉をひそめられてしまいます。
故人を送る場なのに、周りからの冷たい視線にさらされて、恥ずかしさからゆっくり見送ることができなくなってしまっては、お葬式に参列した意味がなくなってしまいます。

スポンサーリンク

お葬式は、暑い夏であろうと寒い冬であろうと、季節に関係なくとり行われるものです。
女性の服装は、黒色のワンピースやスーツなどの喪服になりますが、素足を見せることのないよう、薄手の黒色のストッキングを履かなければなりません。
暑い夏には、ストッキングなど履きたくないかもしれませんが、暑いからといって生足で参列するようなことはマナー違反になります。
お葬式は、故人を偲んでお別れをする場なので、もちろん、気持ちをこめてその場に駆けつけることが供養になります。
しかしその場には、お別れをするために駆けつけた自分以外の故人の関係者もいることを忘れてはならないのです。
周りに不快な思いをさせることのないように振舞うことも、マナーの一つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

夏・夏場のお葬式での服装
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。