お葬式 服装 女性 ワンピース

女性のお葬式の服装はブラックフォーマルで黒のワンピースは、ブラックフォーマルの一種です。

スポンサーリンク

喪服とは、本来遺族が「喪に服している」を意味するものです。
女性の喪服の正式なものは和装で、これは遺族や親族が身につけるものです。
これに対して略式といわれる喪服があります。
女性の略式の喪服は、ブラックフォーマルといわれるもので、黒のワンピースかアンサンブルかスーツになります。
このとき注意すえきことは、夏でも半袖は着用しないこと、スカート丈は膝下で、ミニスカートは付加です。
ブラックフォーマルのキジは無地で、光沢のないものにします。
そしてなるべく襟元はつめた服装にしましょう。
お通夜においては、取り急ぎ駆けつけるという意味で、地味な平服でかまわないといわれていますが、急でない限りは、お葬式と同様にブラックフォーマルを着用するのが一般的です。
お葬式では、参列者は親族より格が上にならないために、略式のブラックフォーマルを着用しましょう。
この服装は襟元の詰まった黒のワンピースかアンサンブルかスーツです。

スポンサーリンク

アクセサリーは真珠のネックレスのみ涙を表すものとして着用してもいいのです(必ず1連のものにします、2連は重なると嫌われます)が、ほかのアクセサリーは結婚指輪以外は着用してはいけません。
光のある指輪が、石の部分を内側に向けます。
ストッキングは黒、靴も黒を身につけます。
スーツの場合のシャツも黒です。
ハンドバックは手に持つものにし、ショルダーの場合は、持ち手を短くして手に持つつ形にします。
冬は、外で待つ場合は、コートを着用してもいいですが、お焼香のときは、必ずコートを脱ぎます。
コートやバックですが、殺生を意味する皮のものは、着用してはいけません。
濃いメークも控えカラフルなネイルも避けます。
髪は黒いゴムヤピンでまとめて清楚な形にします。
もっとも大切なことは、遺族に対して悲しみの心を表すことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お葬式の女性の服装にパンツスーツはありか
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。