通夜 御香典 金額 書き方

通夜の御香典の金額の書き方の意外な正体とは!?

スポンサーリンク

親族や、親しい人が亡くなられて、葬儀や通夜に参列する際には、香典を納めた不祝儀袋を持参します。

 

通夜や葬儀へ参列する場合、不祝儀袋の表書きは、御香典と書かれたものが一般的ですが、宗教によっては表書きの種類が異なるので、亡くなられた方の信仰は知っておく必要があります。

 

キリスト教の場合は「御花料」、神式の場合は「玉串料」の表書きとなります。
亡くなられた方の信仰が、わからない場合は御霊前の表書きを使うのが無難です。

 

御香典を納めた袋の裏側
もしくは、中袋に香典の金額を記入する際

 

中袋がない袋の場合は、表書きの裏の部分の右上に金額を記入します。
中袋がある場合は、中袋の表に金額、裏面に住所と名前と書くのが一般的です。

スポンサーリンク

香典の金額を記入する際は、漢数字を使用します。
弔事、慶事の場合は漢数字の中でも大字と呼ばれる数字と旧字体の組み合わせが好まれます。

 

大字というのは、一、二、三、五、十が壱、弐、参、伍、壱拾となり
旧字は千が阡、万が萬という表記になるので、5,000円という金額を記入する場合は伍阡円となり。

 

その金額の頭に金の文字をつけて「金伍阡円」と書くのが一般的です。

 

金5千円でも失礼ではありませんが、旧字を使用した方がより重く感じられるということで、旧字の使用が好まれるようです。

 

ただ、最近では
中袋の裏面に、住所、名前、金額を記入する欄が印刷されておるものも多く、金額を記入する欄が縦書きではなく、横書きでの設定のものもあります。

 

その場合は、漢数字ではなくアラビア数字を使用し、金5,000円と記入しても問題はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

関連ページ

「五千円」の場合の香典金額の書き方のマナー☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典金額の漢字の書き方の意外なマナーとは!?
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の金額の書き方【中袋なしの場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の住所の書き方【中袋なしの場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
「一万円」の場合の香典金額の書き方のマナー☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典金額の書き方のマナー【偶数の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典袋の書き方のマナー【会社名の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典袋の書き方【連名で夫婦の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の書き方。中袋の金額は横書き?
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
お通夜の香典の書き方!薄墨のマナー
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の書き方の見本☆
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御香典の書き方【中袋】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
香典の書き方【会社一同の場合】
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
御霊前の金額は五千円でいい?金額や書き方のルール・見本など
香典袋の金額・御香典金額の書き方のマナー
香典に偶数のお金を包んではいけない?
香典袋の金額・御香典金額の書き方のマナー